もうググらなくてOK!ストークとSANGOのカスタマイズ記事まとめ!

どうも、りく(@kuuunet)です。

ストークやSANGOで何かカスタマイズしたいけどやり方がわからない時って、いちいち検索する。これってめんどくさくないですか?

僕もストークとSANGOを持ってるのですが、目当てのカスタマイズ記事にヒットするまで、

あーでもないこーでもないと右往左往したり、その度にいちいち検索をしたりとかなり大変でした。

今回の記事は、ストーク8やSANGOをカスタマイズする人に向けて、これ以上、カスタマイズ探しで疲弊しないように、ストークとSANGOのカスタマイズ記事をまとめてみました。

コピペだけでできるカスタマイズ記事をまとめてみました

りく
今回のまとめ記事のテーマは、「コピペだけでできるカスタマイズ記事のまとめ」です。

我々ブロガーやアフィリエイターにとっては文章を書くのが使命なので、細かいHTMLの勉強に時間を費やすのであれば、1記事も多くブログを書きたいですよね。

そのため、コピぺだけで楽々にカスタマイズできるような記事を激戦しました。

STORKの超参考になるカスタマイズ記事まとめ

りく
それではまずストックから参考になるカスタマイズ記事を紹介します。

ストークの基本的なカスタマイズの記事はこれ!

今回ご紹介するのはコビトブログさん(@cobito_tajuso)のブログのストークカテゴリーです。

このコビトブログではストークのカスタマイズに関する基本的なところを押さえています。

それゆえ、ストークのカスタマイズ記事に関して多くの人が疑問を抱くようなことをテーマに記事書いてあり、バランスよくまとまっています。

りく
まずはここから、ストークのカスタマイズ記事を探してみましょう。

ストークのデザインをおしゃれにしたい人向け

ぱるくらのストークカテゴリーを運営しているのは、ぱるさん(@palulog)です。

ぱるさんはストークのカスタマイズ記事で有名になったと言っても過言ではないほど、カスタマイズに関する知識、デザイン、わかりやすさ、親しみやすさなどで人気を集めています。

りく
僕も実は何度もこのカスタマイズ記事にお世話なりました。

デザインなどのおしゃれさを追求するカスタマイズ以外にも、ユーザビリティをあげるようなカスタマイズ記事もあります。

どこに書き込めばいいのかなどが、イラストを交えてとてもわかりやすく解説されているので、ストークのカスタマイズ記事ではダントツでぱるさんの記事がわかりやすいです。

トップページを最新記事一覧にしたくない人向け。

ヒキコモリズム井上さん(@luckyman0302 ‏)の記事になります。イメージとしてはこんな感じです。

デフォルトでは、トップページは記事の更新旬一覧になっているのですが、ブログの回遊率を挙げたいという人は、トップページを案内地図化をすることができます。

こちらは固定ページをトップページに持っていくだけですので、かなり簡単に作れます!

りく
またヒキコモリズム井上さんが、動画で解説しながらカスタマイズしてくるので、間違う事はありません。

ユーザビリティを上げるカスタマイズがしたい人向け。

SANGOのカスタマイズ記事でも、かなり有名なあずさん(@yuuki_azusa ‏)のカスタマイズ記事ですが、実はストークのカスタマイズ記事にも解説記事があります。

デザインを変えるカスタマイズ記事もあるのですが、どちらかと言うと、ユーザビリティーを上げるようなブログの回遊率を上げるようなカスタマイズが中心となっています。

ユーザビリティーを上げたい方はぜひチェックしましょう。

ストークで内部リンクを作りたい方向け

こちらは、kazuさん(@kazuharuru)が書いているカスタマイズ記事になります。

よくブログの文末にある、「あわせて読みたい」のカスタマイズ方法を書いてあります

内部リンクはブログの回遊率を上げるのに必須なカスタマイズなので、ぜひここで内部リンクを作っておきたいですね。

りく
HTMLのHも知らないので、コピペで簡単にできたので非常に助かりました。

主要なショートコードを一気に取り込みたい人向け

ショートコードを使う時って、いちいちaddquicktagを使って登録してると思いますが、これ結構めんどくさいですよね。

でもこの記事で、ストークでよく使うショートコードを一瞬でダウンロードして、addquicktagに取り込むことができます。

1つ1つショートコードをaddquicktagに登録しないといけない煩わしさを一瞬で解決させてくれる記事です。

使いたいショートコードをいちいち検索して、そのたびに登録するのがめんどくさいと言う方には超助かる記事です。

SANGOの超参考になるカスタマイズ記事まとめ

りく
次はSANGOに関するカスタマイズ記事のまとめです。

SANGOのカスタマイズはとりあえずこれで探そう!

りく
SANGOをリリースした、サルカワのSANGOの公式サイトです。

SANGOのカスタマイズ記事の基本的なことはすべてここに全て書かれています。

内容としては、SANGOの設定からショートコード一覧、カスタマイズのやり方まで。SANGOの初心者にはとっても助かるような内容が幅広く書かれています。

りく
SANGOのカスタマイズ迷ったらまずはここをチェックしましょう。

SANGOをもっとおしゃれにしたい人向け

SANGOのカスタマイズ記事のまとめで、1番有名な方と言えば、あずさん(@yuuki_azusa)のブログです。

このカスタマイズ記事では、SANGOのデザインをオシャレに、かつ自分好みに変えれるようなカスタマイズがたくさんあります。

またそれ以外にも固定フッターメニューをつける方法、この記事を書いた人の改良など、ユーザビリティーを上げるようなカスタマイズもたくさんあります。

りく
 SANGOの公式カスタマイズサイトを見てわからない場合は、次にこのカスタマイズ記事をみたいですね。

サイトを高速化したい人が人向け

まっさーさん(@iMassa07)が運営しているSANGOカスタマイズ記事です。

この記事は、アドセンスの広告のカスタマイズの仕方や、関連記事のカスタマイズの仕方などもありますが、1番の見所はSANGOサイトの高速化です。

自分のブログがどうも遅いなぁと思った方は、是非このカスタマイズ記事で自分のサイトを軽くしましょう。

りく
自分のサイトが重いと言う罪が減ってしまいますもんね。

SANGOでアフリエイトリンクボタンを作る方法

ここ最近で、ブログを始めてまだ間もないのに、収益がかなり伸びていて、現在かなり注目を浴びているりらさん(@rila_srich)のカスタマイズ記事です。

りく
SANGOでアフィリエイトをしたい方には、かなり心強い記事のではないかと思います。

SANGOではアフィリエイトリンクのボタンは作りにくいようだったらしいですが、

りらさんのこのカスタマイズ記事で、SANGOのおしゃれなデザインを生かしたまま、アフリエイトリンクボタンを作れそうですね!

また、「他のテーマでもほぼ同じようなデザインにすることができる」との事ですので、

SANGO以外でも、テーマによってはアフィリエイトリンクボタンが作れない場合は、このりらさんのカスタマイズ記事を参考にしてみると解決するかもしれません。

スマホでタイトルとロゴがずれてしまうときの対処法

磁力系ブロガーのゴマメさん(@gomame3784)が書いた記事です。

カスタマイズをすると画像と文字がバランスよく合っていなかったり、バランスが崩れて統一性がないように見える事はよくありますよね。

今回のSANGOのタイトルとロゴが付いてしまうのも同じです。

タイトルとロゴは1番よく見られるので、ここがバランスよく整っていないと、どこか気持ち悪いですね。

そんな気持ち悪さをすっきり解消させてくれるかのように、かゆいところに手が届くようなカスタマイズ記事です。

 

どうしてもお目当てのカスタマイズ記事が見つからない場合の対処法

りく
ググっても、上記の記事を見ても、それでもお目当てのカスタマイズが見つからない人がすべき次の行動をまとめてみました。

①Twitterで助けを求める

よくTwitterでこんなつぶやきを見かけます。

ここをこうしたいんだけど、どうカスタマイズしていいかわからないんです。だから誰か教えてください!!

というように、Twitterで呼びかけて、助けてもらう方法もあります。例えばこんな感じです。

このようにツイッターで呼びかけて、助けを求めるのも一つの手です。(ツイートの詳細を見るとわかる通り、反応してくれる人がいて無事解決してくれたようです。

りく
Twitterで呼びかけることでカスタマイズ記事を教えるだけではなく、新たな交流ができるのも楽しいですね!

②ココナラでカスタマイズを対応してくれる人を探す

モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】 ではテーマのカスタマイズに詳しい方がたくさんいます。なので、お金を払うことになりますが、いっそのことプロにお願いしてしまおうという手段です。

しかし、お金を払う分、こちら側のオーダーをしっかり聞き取ってくれるので、自分の思い通りのカスタマイズになりやすいです。

検索する方法としては、「カスタマイズ」と検索するといろんな人が出てくるので、一度見てみるといいでしょう。

りく
Twitterで募集かけるのはハードルが高い。という方にココナラはオススメです!

しかし注意点があるんですが、いきなり購入するのではなく、DMで問い合わせて、自分の要望するカスタマイズが対応可能かどうかを事前に確認しましょう。

りく
購入してからカスタマイズ対応できませんってなると、トラブルの元ですからね!

③直接問い合わせてみる

どうしても分からない場合はカスタマイズに詳しい方、もしくは、ここで紹介した方やに直接問い合わせて教えてもらうのも1つの手です。

ここで紹介した方はカスタマイズ記事の書くくらいですから、テーマのカスタマイズに関してはかなり知識を持っています。

りく
教えてもらうことができたら、しっかりなにかしらお礼はしておきたいですね!

まとめ

ここでは基本的なカスタマイズのやり方、最低限のカスタマイズのやり方がまとまっています。

しかし、肝に銘じておきたいのはブログの更新を第一優先することです。

お目当てのカスタマイズを探すのに、体力や労力を無駄に消耗してませんか?必要以上に探す時間を取っていませんか?

カスタマイズももちろん大事ですが、それより大事なのは記事を更新することです。

もし、お目当てのカスタマイズが見つからない場合は、必要以上探さないようにして、またを日を改めましょう。

りく
カスタマイズに力を注ぎすぎて、記事更新を怠らないようにしたいですね!
ご紹介させて頂いた方々へ お礼と引用のお知らせ

こちらにて、引用のご報告とお礼を改めて申し上げます。大変参考になるカスタマイズ記事をありがとうございました!

 

kuuuuu
個人メディア「りくの準備録」を運営してます。物を販売したり、"大学生が今できる将来への準備"を発信したり、Give&Give企画をする大学4年生です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です