仕事がつまらなくて転職はするのはまっとうな反応である理由を徹底解説!

単純作業がつまんなかったり業務内容に魅力を感じないなどで、仕事がつまらないと悩んでいる方ってたくさんいますよね。

仕事がつまらないからという理由で転職するのは甘えだと思われてしまうのは怖いと思われがちですが、

仕事がつまんないから転職したいというのは人間としてまっとうな反応であり、当然の考え方です。

仕事がつまらないと言う理由は立派な転職理由の1つです。

今回は、仕事がつまらないから転職したいけど転職に不安がある方に向けて、仕事がつまらないから転職しても良い理由とその解決方法を解説します。

サッと読みたい方はコチラ!

「仕事がつまらないから転職したい」がまっとうな反応である理由

「仕事がつまらないから転職」がまっとうな理由①:仕事が自分の人生の大半を占めるから

仕事はおよそ20歳から60歳まで約40年間を占めるので、人生80年の半分以上は仕事と向き合うといっても過言ではありません。

しかし、人生の半分以上を占める仕事が、もしつまなければ果たしてどうなるのでしょうか。

無論、人生の半分をつまらなく過ごしてしまうことになってしまいます。

仕事がつまらないと言う事は、人生の半分以上損してるといっても過言では無い為、

仕事がつまらないという理由で転職するのは、自分の人生を楽しく生きる上で必要不可欠なことです。

「仕事がつまらないから転職」がまっとうな理由②:世の中に仕事はあふれかえってる

世の中には仕事がたくさん溢れかえっています。

仕事がつまらないから転職したいと感じている方は、数多あるうちの仕事の1つがたまたま自分に合わなかっただけです。

外を見渡せば今やっている仕事以外にもたくさんの仕事があります。

今やっている仕事が世界中にある仕事の全てでは無い為、もし仕事が合わないと感じましたら、違う仕事を見渡してみましょう。

仕事がつまらなくて転職したい人の気持ち

りく
仕事がつまらないから転職したいと言う人の気持ちは様々なものがあります。そこで、多くの人が仕事がつまらないと言う事態に陥ってしまっている原因を解説します。

①思っていた仕事と違っていた

自分の思い描いていた仕事と、現実の仕事と音ギャップにやられてしまっている時、仕事がつまんないと感じてしまいます。

例えば、家が新卒で入社した時です。

就職活動をしているときは大きなプロジェクトに関わりたい、多くの人を喜ばせたいと意気込みますが、実際にいざ入社して仕事を始めると驚くほど単純作業ばかりです。

確かに入社したてでは大きな仕事を任せられないのはわかりますが、

それでも自分が就職活動時に思い描いていた理想の仕事とかけ離れてしまうと、仕事がつまらないと感じてしまいがちです。

しかも、自分が就職活動時に思い描いていた理想の仕事ができるまで数年かかるとなってしまうと、さらに仕事へのやる気を削いでしまう原因となります。

②単純作業が多い

単純作業が多いと、人間誰しも飽きてしまいます。

単純作業はやることが明確な分、取り組みやすいのですが、同じ作業を繰り返してしまうことになり、刺激が得られずつまらないと感じてしまう人が多くいます。

特に入社したての新卒や転職したての中途採用の人だと、最初は仕事に慣れるため単純作業を多く任せられることになりますが、

それが長く続きすぎると仕事がつまらないと感じてしまいます。

③職場の人を好きになることができない

職場の人と話が盛り上がらなかったり、仲良くできる人がいないと自分の素をさらけ出すことができないため、楽しく過ごすことができず、仕事がつまらなく感じてしまいます。

仕事がつまらない原因の大きなものがこの人間関係に起因します。

職場の人間関係が良好だと、たとえ単純作業をやっていたとしても、職場の人と楽しく関わることによって、仕事が楽しいと思えますが、

人間関係があまり良くないと仕事も楽しいと感じにくくなってしまいます。

④労働時間が長くて時間の無駄感を強く感じる

基本的にどの会社も9時間が定時ですが、会社によっては残業で10時間以上会社に拘束されることが多々あります。

労働時間が長すぎる、時間を失うだけでなく、何か動こうとする体力も奪われてしまいます。

時間も体力も奪われてしまう、自分の好きなことに時間を費やすことができず淡々とした日々を送ってしまい、仕事がつまらないと感じてしまいます。

このように、労働時間の長さによって仕事へのモチベーションも左右されます。

仕事がつまらなくて転職したいと思った時にすべき手順

りく
仕事がつまらないから転職したいという方が具体的にどのようなSTEPを踏めばいいのかを解説していきます!

①なぜ仕事をつまらなく感じてしまったのかをよく考える

今の仕事に対して、どうして自分はつまらないと感じてしまうのかを分析しないと、

次回の仕事でも「仕事がつまらない」と言ってしまう可能性があります。

次の仕事でも同じ思いをしないためにも、自分はどこがどういう風につまらないと感じてしまうのかを言語化できるまで明確にしましょう。

そして、転職ではそういう会社を選ばないようにしましょう。

また、自分が今の会社はどこがいいのかは転職の面接にも細かく聞かれますので、

面接でつっこまれるという意味でも、細かいところまで言語化できるようにしておきましょう。

②何をしているときが自分は楽しいのかを考える

上記で自分は今の仕事に対してどこがつまらなく感じてしまってのかをはっきりさせましたが、今度は自分はどんな時に楽しむことができるのかというのを追求してみましょう。

例えば、逆に今の仕事をしていて楽しいと思った瞬間はいつなのかを思い返してみましょう。

それは仕事内容でなくてもいいです。

例えば、こういう性格の人がいてこういう話をしてるときはつまらない仕事をやっている時生楽しかったなどでもいいです。

大切なのは、自分が仕事において楽しいと感じた瞬間をデータとして集めて、それを参考に次の転職先求人探しに役立てることです。

③転職先の情報収集を始める

自分がなぜ今の仕事が楽しくないかを分析し、そして、自分はどういう時なら仕事中でも楽しく感じることができるかと言うのをはっきりさせたあとは、いよいよ情報収集です。

オススメは、転職サイトに登録して、転職求人を見つけてみましょう。

①と②で決めた条件に合致しそうな企業がありましたら、どんどんピックアップしてみましょう。

この段階で大切なのは、転職先の求人を幅広く見ていくことなので、とにかく少しでも気になった会社はメモをしておきましょう。

④気になった転職先があれば説明会に参加 or 転職エージェントに相談

上記のようにして自分が気になった企業をピックアップしたら、説明会に参加したり、転職エージェントに聞きにくいことを聞くことをお勧めします。

説明会に参加すれば、その会社の雰囲気を実際に自分で体感することができます。

事前に説明会に行って、自分でどういう雰囲気なのかを確かめておけば、いざ就職したときにギャップが生まれにくくなります。

また、転職エージェントにその企業について根掘り葉掘り聞くこともオススメです。

転職エージェントはその会社の内部とつながっているので、ネットには載ってないような情報を転職エージェント経由で聞くことができます。

給与や残業状況や実際の具体的な業務内容等説明会や面接において聞きづらいことを行けるのが大きなメリットなので、転職エージェントを使った転職活動もかなりお勧めです。

⑤いざ選考に申し込んでみる

説明会にも行って、転職エージェントにも相談して自分の中で選考に進むという決断ができましたら、実際に選考に申し込みましょう。

仕事がつまらなくて転職するときの注意点

りく
仕事がつまらなくて転職する時に心がけておきたいことをまとめました

注意点①:仕事がつまらなくなってしまった原因を徹底的に解明する。

仕事がつまんなくて転職するときは、ここが1番大切です。

なぜつまらなく感じてしまったのか原因解明をしなければ、次回の会社でも同じ繰り返しをしてしまう恐れがあるからです。

仕事がつまらなくなってしまった原因はいくつかあるはずです。

  • 仕事がつまらなくなったきっかけ
  • 入社した時と現在の仕事のギャップは何か
  • 入社したときにどんな思いで入社したのか

少なくともこれらを明確にすれば、なぜ今自分は仕事がつまらないと感じているかというのを言語化することができます。

なぜつまらなくなってしまったのかをはっきりさせて、次の転職先につなげましょう。

注意点②:仕事がつまらなくなくなるよう、やりたいことを明確にする

仕事がつまらないと言うことは、今の仕事においてやりたいことがないと言うことです。

というのも、やりたいことが仕事の中にあれば仕事に対するモチベーションは常に保てるからです。

しかし、仕事がつまらなくなってしまったと感じるようになると言う事は、やりたいことが明確に見えてないことが多いです。

やりたいことを明確にするためのヒントとしては、自分がやりがいを持って仕事をしていた時のことを思い出すことです。

とにかく、自分がモチベーション高かったときの状況を詳細に思い返してみましょう

モチベーション高く仕事できたと言う事は、自分のやりたいことと合致していることが多いからです。

過去のモチベーションが高かった自分と今の自分を比較して、自分の本当にやりたいことを見つけましょう。

注意点③:面接や履歴書では仕事がつまらないと正直な思いを書かないようにする

確かに、面接や履歴書では嘘偽りない自分の気持ちを書くのがベストなのですが、言葉選びには十分に注意したいところです。

例えば、「仕事がつまんないから転職したい」と言うよりも、「こういう仕事がしたいから転職したい」と言う方がはるかに印象も良くなります。

この2つの言い方は、根底的には仕事がつまんないと言う思いから来てるのは確かですが、その思いを悪く見せるか良く見せるかで面接官の印象は大きく変わります。

転職の面接では正直な思いで臨むことが大切ですが、あくまでその正直な思いの見せ方には注意しましょう。

「仕事がつまらない」という単純な理由で転職活動を始めた僕の実体験

僕の大学時代の就職活動の軸は、「副業のスキルが上がる会社」でした。

自分は副業としてネットで物を売ったりしたので、そのスキルを伸ばすためにもネット通販の会社を軸に見ていました。

そして無事にネット通販型の会社に内定を得ることができたので、副業と本業の両立ができると意気込んでいました。

特に、ネットでものを販売するためには売れる商品のリサーチの仕方やどうやって仕入れ価格と販売価格に差を持たせるかというのが肝になってくるため、それを学べるネット通販の会社に着けた事は本望でした。

特にバイヤーとして仕入れる仕事をしたかったのです。

しかし、いざ入社してみると、やらされるのは雑務ばかりで、やりたかった仕入れの仕事がなかなかできません。

確かに最初のうちは雑務をこなして徐々に会社の売り上げに直結する仕入れの仕事になるのは分かりますが、それでも数年待たないといけなかったり、また部署も複数あるので、仕入れ担当の部署につける保証が全くないのです。

このように考えてしまうと、ネットで物を売る力をつけるために仕入れの仕事ができる会社に就いたのに、実際はやりたいことと違った業務をやらされる毎日です。

このように、僕の場合はやりたかった仕事ができないことがあって、仕事がつまらなく感じてしまい、もっとやりたいことができる会社に転職しようと考え、転職活動をしている身です。

仕事がつまらないという理由で転職する時のメリット

仕事がつまらないから転職するメリット①:今のつまらない仕事と永遠にお別れできる

仕事がつまらなくて転職するメリットは、やはり今の仕事と永久にお別れできることです。

仕事を変えずに仕事がつまらないのを解消するよりかは、仕事を変えた方がより簡単に確実に仕事がつまらない問題を解消することができます。

仕事がつまらない問題が解消されると、仕事にモチベーションが上がったり、自分の好きなことに費やす力が戻ったりと、いろんな方面で活力が生まれます。

つまり、つまらない仕事を辞めることで自分自身の生活の満足度が一気に上がります。

仕事がつまらないから転職するメリット②:仕事の意欲が上がって、楽しく過ごせるようになる

仕事がつまらないと、仕事に対して意欲的に取り組むことができません。

しかし、つまらない仕事辞めて、自分のやりたい仕事を始めると仕事へのモチベーションが回復し、毎日が楽しく過ごせるようになります。

仕事は人生の半分以上占めているものですから、仕事の意欲と言うのは自分の人生の充実度に直結します。

仕事がつまらないのであれば、少しでもいいので転職準備をして、今の現場から少しでも打開することをお勧めします。

仕事がつまらないから転職するメリット③:仕事の意欲が上がることでお金も稼ぎやすくなる

仕事がつまらないと、仕事へのモチベーションが上がらないので、必然的に仕事で活躍するのが難しくなります。

そうなってくる、昇給や賞与に影響してしまうので、自分自身が稼ぎにくくなってしまいます。

つまり、仕事への意欲は自分の収入に直接関わってくるので、ある意味、自分の命に関わってくるといえます。

しかし、つまらない仕事を辞めて自分がやりたい仕事に取り組むことができれば、自然と仕事へのモチベーションが上がり、活躍できる幅が広がってきます。

仕事での活躍の幅が広がると、昇給もボーナスも上がり、稼ぎやすくなります。

仕事がつまらないから転職するメリット④:自分に正直に生きられるようになる

日本では、我慢しながらも続けることが美徳とされています。

しかし、それは我慢した先に明確なメリットや成果があることに限られます。

もしあなたが今の仕事をして、その先に自分が目指しているものがあれば当然、頑張る必要がありますが、

今の仕事がんばっても、その先にあるものが想像できなければ意味がありません。

それならば、自分の気持ちに正直になって、人生を充実させたほうが幸福度は高いです。

仕事がつまらないという理由で転職するデメリットは長期的に考えると、ほとんどありません

仕事がつまんないから転職したいと思っている多くの方が、こんな理由で転職していいのだろうかとか転職ってなんだか怖い子勇気がいるとか、給料が下がるのが怖いとかいろんな不安を持っているかと思います。

確かに、転職は人生のターニングポイントとなりえるほど重大な決断を求められます。

収入が下がったりすることもあるかもしれません。

しかし、転職において一般的に考えられるデメリットと呼ばれるものは、ほとんどが短期的なものです。

それらを視点を変えて長期的な目線で見ると転職にはさほどデメリットがないことがわかります。

転職にはさほどデメリットがないことがわかります。

  • 給与が低くなる➡︎転職先で少し働けば、昇級によって現在の給与水準には戻る
  • 転職するのが不安➡︎転職したあとは、転職するときの不安がなくなる
  • 転職するのがこわい➡︎転職経験があると、万が一、次また転職するとき、転職への恐怖が和らぐ

このように、転職においてデメリットされる事は確かに短い期間で見ると少し不安に思うかもしれませんが、

長い目で見ると実はデメリットは少なく、むしろ自分の人生経験としてプラスに働く要素が多いです。

仕事がつまらないから転職した人の声

このように、仕事がつまらないと思ったら転職するべきという意見を持ってる人はかなりたくさんいます。

つまり、仕事がつまらないから転職したいと言う思いは、人間としてまっとうな反応であることをこの発言は証明してくれます。

また、仕事がつまらないということは、今いる自分の仕事の業界から違う業界やとキャリアチェンジするチャンスです。

今の仕事がつまらないと感じるなら、自分が勤めている業界以外にも転職の視野を広げることがとても大切です。

このように、せっかく転職をしたのに、転職先でも仕事がつまらない状態に陥った事例です。

確かに、転職すればつまらない仕事からおさらばできるのもありますが、逆を言うと、転職をしても仕事がつまらないという状態は十分にあります。

このように、転職しても仕事がつまんないと言う事例にならないようにするために、自己分析と、転職先求人のリサーチは不可欠です。

自分はどういう仕事だとつまらなく感じて、どういう仕事だと楽しく感じるのかをはっきりさせて、その上で、転職サイトがエージェントを利用して自分が思う存分働ける制度は環境が整っているかどうか。

というのを精査すれば、転職先でも仕事がつまんないという現象に陥る事はほぼありません。

このツイートで言いたいのは、何も今の仕事がつまらないから転職したいという動機を否定してるわけではなく、

  • 今の会社の合ってないところ
  • 自分がやりたい仕事
  • 自分が成し遂げたい目標

この3つの軸を持たず、ただ単に仕事がつまんないから転職したいだけだと、軸がないので次の職場でも仕事がつまんないと感じてしまう可能性が高いと言うことです。

仕事がつまらないから転職するにしても、「どうすれば自分は仕事がつまらなくなくなるか」を深いところまで分析すれば、次の職場で仕事がつまらないと感じる可能性はぐっと低くなります。

今の仕事がつまんないけど、でも自分が抜けてしまったら周りに迷惑がかかってしまう。と思い込んで、転職を足踏みする人が実は意外と多くいます。

しかし、このツイートに書いてある通り、やめたら迷惑と考える必要はなく、自分がやめたら迷惑になってしまうような仕組みを作った雇い主の方の責任です。

端的に言うと、自分がやめたら周りに迷惑がかかるというのは、自分の生き方には全く関係ないと言うことです。

また、会社というのは、その人がいなくなっても他の人を入れることで回すことができる仕組みなので、極論を言うと、今やってるあなたの仕事は、あなたじゃなくてもできます。

なので、今の仕事を辞めてしまったら周りに迷惑をかかってしまうという懸念は少しでもいいから捨てるようにして、自分に正直に生きていきたいですね。

この記事でも解説しましたが、仕事は人生の半分以上を占めることになります。

その仕事がつまらなければ、人生の半分はつまらない時間を過ごしてしまうことと同じになってしまいます。

これはさすがに損なので、長い時間を過ごすからには、仕事は自分が心から楽しいと思える仕事につきたいですね。

確かに転職活動は、今の仕事を並行しつつも、自己分析や企業のリサーチや面接など、やることがたくさんあるので大変です。

しかし、長期的に見れば、転職活動の大変は一時的ですが、今の仕事がつまんないという感情は永続的です。

もし仕事がつまらなくて転職したいということであれば、確かに転職活動はエネルギーがいりますが、

それが終われば、心から楽しいと思える仕事が待っています!

転職して、自分が楽しいと思える会社に就職できた事例です。

このように、仕事場という環境変えるだけで、自分の感情というのはガラリと変わります。

仕事がつまらないと感じるのであれば、職場を変えて自分が心から楽しいと思える仕事を見つけましょう。

仕事がつまらなく感じるということは次のステージへ進む合図

自分のやりたい仕事と違ったり、なんとなく仕事が楽しくなかったりと、仕事がつまらなく感じてしまう要因はいろいろありますが、

裏を返せば、今やってる、つまらない仕事以外の仕事やれば必然的に楽しくなる可能性が上がります。

つまり、仕事がつまらなく感じてしまうだと言う事は自分自身が成長して次のステージに進む合図のことです。

なので、仕事がつまらなくなってしまったからといって悲観する事はありません。

今仕事が楽しくなるための成長痛段階だと思って、まずは転職先の情報を探すなど、小さな1歩から取り組んでみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です