職場が合わないと感じてる僕がやってる、職場が合わない問題解決法

職場が合わないと感じてしまうと、やっている仕事もつまらなく感じてしまったり、職場の人と仲良くなれないと感じてしまいますね。

とは言っても、職場を簡単に変えるわけにはいかないと言うのも確かです。

しかし、それでも、職場が合わないと感じたら早めに職場を変えることをおすすめします。

そうでないと、日々毎日がつまらなく感じてしまいます。

今回は、職場が合わないと悩んでいる方に向けて、職場が合わない問題を解決する方法を解説します。

職場が合わないなら、逃げるべし!

一度感じてしまった違和感というのは、なかなか拭うことができません。

それは職場に対する違和感も同じで、「職場が合わない」と感じてしまったら、その感情というのはなかなか拭うことができません。

その違和感を環境改善して解消することはできなくは無いのですが、

無理して解消するよりかは、違和感を感じない環境に移したほうが手っ取り早く解消することができます。

なので、職場が合わないと感じてしまったら、迷わず転職するための準備をおすすめします。

最終的に転職してもしなくても、保険と言う意味でいつでも転職できるように準備をしておく事は、自分の身を守る上でとても大切なことです。

「職場が合わないなぁ」と感じている僕が実際にやっていること

りく
職場が合わないなあと感じる僕が実際に取り組んでいることを紹介します!

①自分の好きなことに取り組む

好きなことに没頭すれば、職場が合わないと感じていても生きる活力というのが生まれて来てきます。

僕の好きな事は、自分で何かを生産することなので、今回のように、ブログを書くことも自分の好きなことの1つです。

今の僕は仕事を生きがいにしているのではなく、自分の好きなことを生きがいにして取り組んでいます。

このように自分の好きなことをに集中して取り組めると、たとえ職場が合わないと感じていても毎日を楽しく生きることができます。

(もちろん、普段の仕事も楽しいと感じればもっと日々が楽しくなるのですが、、笑)

②転職先の情報を常にチェックする

良い情報と言うのは見つけようとすると見つからず、普段の何気ない情報収集にこそ良い情報というのは見つかります。

皆さんも美味しいお店の情報と言うのは自分が熱心に探している時ではなく、何となく眺めていたら見つかることが多い経験があるかと思います。

情報というのは自分が熱心に探している時ではなく、なんとなく眺めていたら見つかることが多い経験があるかと思います。

これは転職先を探すことにも同じ事が言えます。

自分にとって良い転職先を見つけるには、毎日の情報収集の習慣化が大切になってきます。

僕の場合、毎日新聞やニュースを見るかのように、転職サイトを見て転職先の企業を何となく眺めるのを日課にしています。

転職サイトを眺めているだけであればすぐにできるので、毎日1分でもいいので転職サイトを眺める習慣を身に付けることをお勧めします。

③「自分はどういう職場なら楽しく過ごせるか」と自己分析を少しずつ行う

今の職場がなぜ嫌なのかや次の職場はどういうのがいいのかというのは、自己分析によって判明します。

しかし、自己分析は一朝一夕にできるものでは無い為、日々の振り返りを少しずつ行うことによって、自分がどういうところを不満に感じ、どういうところを楽しく感じるのかをより明確にすることができます。

僕の場合、今働いている会社の嫌なとこや不満点を感じたら随時メモるようにしたり、次の転職先の会社はこういうところがいいなというのが浮かんだら随時メモするようにしています。

このように、自己分析の習慣をつけると、次回の職場は、「植物合わない」という事態に陥る事は少なくなります。

職場の空気が合わないと感じた僕が職場が合わない理由を紹介

職場が合わない理由①:職場の人と仲良くできる気がしない

職場の人と話が合わなかったり、盛り上がったできないと、職場の人と合わないと思いがちですよね。

職場の人と合わないという心情には、こういった職場の人とうまくコミニケーションできないことが主な原因となります。

職場が合わない理由②:職場の人を尊敬できない

職場に尊敬できる人がいないと、モチベーションが上がらないからです。

例えば、すごく尊敬ができる上司や先輩がいれば、その人についていこうとモチベーション高く仕事に取り込むことができますが、

職場にそういった尊敬できる人がいないお、自分は誰を目指すべきなのか分からなくなってしまい、仕事のモチベーションが落ちてしまいます。

このような状況になってしまう、自分はこの職場には合っていないと感じてしまいます。

職場が合わない理由③:職場の人ともめた

仕事は話し合い等で意見が食い違ったり、間に障るようなことを言われてしまうと、その人との人間関係がギクシャクしてしまうことが多くなってしまいます。

このように、職場の人と揉めることが多くなってしまうと、職場の人と合わないと感じてしまうことが多くあります。

職場が合わない理由④:職場の人と性格が合わない

「職場の人ともめたりする事はあまりないけど、なんとなく話をしていてこの人とは合わない」と言う人が多いと、職場の人と合わないと感じてしまうことが多くあります。

例えば、自分と考え方が大きく違っている人が多かったり、自分の価値観と合わない人があまりに多いと、性格が合わず、自分の居場所が窮屈に感じしまうことが多々あります。

そのような状態でずっと仕事を続けていると、職場が合わず、仕事に行くのが億劫な気持ちになってきます。

職場が合わない理由⑤:上司と仕事の進め方が合わない

仕事のやり方はその人その人によって異なるのですが、そのやり方が自分が不快に感じてしまうようなやり方だとだんだんとストレスが溜まってきます。

仮に、これらが小さな小さなストレスだったとしても、それが日々積み重なってくると、だんだんと耐えられなくなってしまいます。

そのような小さなストレスが積み重なると、職場が合わないという気持ちになってしまい、仕事に行くのが辛くなってしまいます。

職場が合わないと感じたときに心がけたいこと

りく
職場が合わないと感じた時に僕が実際にしていることを紹介します!

「職場が合わない」と感じたら、無理に適応しようとしない

職場の人と空気が合わないのに、無理して応対しようとしていませんか?

もし無理して応対しているようであれば、それは今すぐやめるべきです。

合わない人と無理に話そうとしたり関わったりしてもストレスが溜まってしまうだけです。

職場にいる人と合わないと感じたら、まずは、できるところが良いので少しずつ自分から距離を話すように心がけてみましょう。

「職場が合わない」と感じたら、昔の友人に会って遊ぶ

職場が合わないと感じたら、昔仲良かった友人に会ってリフレッシュするのも有効な手段です。

中の良い友人であれば、普段は会社で隠している自分の素を思いっきりだすことができるので、気分的にもリラックスできます。

また、昔仲良かった友人に会うもう一つのメリットは、自分がどういう人なら雰囲気が合うのか再確認できることです。

「自分はこういう人となら仲良くできる」と言う条件を再確認することができれば、次の職場探しの際に企業選びの重要な軸となります。

このように、職場が合わないと感じたら昔仲良かった友人に会ってリフレッシュしつつも、次の転職先探しの条件のヒントにしましょう。

「職場が合わない」と感じたら、職場を変える

職場が合わないと感じたら、思い切って職場を変えるのがやはり1番の有効な手段です。

確かに転職となると安易に決断する事は難しいですが、我慢しながら日々の生活をずっと送っていくほうがはるかにデメリットは大きいです。

今の会社で働いていると自分に合う職場が他にあるのかと不安になってしまうますが、外を見渡せば職場の数というのは腐るほどあります。

たとえ今いる職場が自分に合わなかったとしても、他の仕事で自分に合う職場は最低でも1つ以上はあるはずです。

なので職場が合わないと感じたら思い切って職場を変えるのが1番有効です。

いきなり転職すると言ってもハードルが高いので、まずは転職サイトなので転職先求人の情報を集めるという、小さな1歩から始めることを勧めします。

職場が合わなくて転職するときに気をつけたいこと

①なぜ職場が合わないのかをハッキリさせる

職場が合わなくて転職をしたい場合は、なぜ自分は今の職場が合わないと感じてしまうのかを徹底的に分析する必要があります。

ここをしっかり分析しないと、次の職場でも「職場が合わない」と言う事態に陥ってしまう可能性があるからです。

例えば、職場はイケイケでノリノリな人が多いのに、自分は大人しめのキャラであれば、当然職場が合わず、自分の中でストレスが溜まります。

しかし、それを分析せず、何も考えずで次回の職場を選んでしまう、またイケイケでノリの良い人が多い会社に入ってしまう可能性が格段に高くなってしまいます。

同じ過ちを繰り返さないためにも、なぜ自分は今の職場が合わないと感じてしまうのかをはっきりさせて、次の転職先につなげましょう。

②どういう人と仲がいいのかを明確にする

職場で自分が合わないと感じる原因を作れたら、今度は自分はどういう人となら仲良くできるのか言うのを考えてみましょう。

もっと具体的に言うと、自分がこの人となら1対1で旅行に行けるという人を3人ほど選んでみましょう。

そしてその3人の共通点を何でもいいので、出しましょう。

例えば、僕の場合この3人の共通点は他人の悪口を言わず優しくて大人しめな人だったので、次回の転職先の職場は穏やかめな雰囲気のところがいいなと思っています。

このように、自分はどういう人と仲が良いのかまた具体的にピックアップして、そのデータから、自分はどういう雰囲気の職場であれば、自分らしくいられるのか。というのがおのずと見えてきます。

③実際に転職先の説明会に行って、仲良くなれそうかどうかをこの目で確かめる

職場が合わないと感じて転職活動する人にとって、1番恐れているのが、「次回の職場も合わないと感じてしまうこと」です。

そのような事態を避けるためにも、職場が合わないと感じて転職活動を始める人は、必ず、転職先の説明会に行って、そこにいる社員さんと仲良くなれそうかどうかを確かめましょう。

また、説明会だけでなく、もし余裕があれば通りすがる社員にも目を向けてみましょう。

なんとなく仲良くできそうだったり気があいそうだと感じることができれば、一度、その会社の選考に進んでみることをお勧めします。

逆に、なんだか仲良くできなさそうだなぁと感じてしまうから、そこは転職先の候補として外すのが無難です。

「職場が合わない」という人の声

このように、職場が合わないと感じる人は自分を責めてしまう傾向が多くあります。

自分が悪いんだから、自分で関係を改善させなきゃと思ってしまうかもしれません。

しかし、人間関係の悪化は立て直すことをは難しいです。

いちど悪化した人間関係を修復するよりも、職場を移転した方が労力も少なく、かつ確実に人間関係をリセットすることができます。

自分を責める必要はありません。あなたは悪くありません。

職場の人と合わないのに、どうしても飲み会に行かなければならない時は特に辛いです。

会社の行事など、なんやかんやで飲み会と言うのは断りづらいものが多いです。

どうしてもいかなければならない時は、特に合わない人とは席を離すように対策をしたり、仮病使ってでも飲み会を休むことをお勧めします。

職場の雰囲気が合わない集まりに出なきゃいけないのに、その上高いお金を払わされると、 二重に損する気分になりますよね。

しかし、行きたくない集まりに無理して行く必要は全くありません。

仮に、我慢できないなんて子供みたいと思われてしまうかもしれませんが、我慢できない=子供と思っている人の方こそ子供です。

我慢は止め続けてしまうと一気に形が来てしまうので、もし行きたくないのであれば体調が悪いと言って断ることをお勧めします。

自分が職場が合わないと感じるだけでなく、他人の人間関係を見ていても職場が合わないと感じるケースです。

単純に、職場の人同士が仲が悪いと自分も職場が嫌になってしまいます。

他人の修復関係を改善させるのは至難の業なので、あまり干渉しないように心がけましょう。

自分の嫌いな人が職場にいると、イライラしてしまいますね。

このように、自分に合わない人がいると、存在しているだけでイライラしてしまいます。

距離を離してあまり関わらないようにするのが対策です。

考え方や価値観が合わないと感じる人が職場にたくさんいてしまうと、職場に対していづらさを感じてしまいます。

このような理由で職場が合わないと感じる方は、その感情を大切にしましょう。

どこが自分と考え方が合わないのか、そして次の職場はどういうところを見れば、自分と考え方や価値観が近い会社を見つけることができるか。

このように、考え方や価値観の相違は自己分析の大きな材料となります。

なので、次の理想的な職場探しのためにも、自分がなぜ嫌だと感じたのかをしっかり分析しましょう。

職場の人と合わなくても大丈夫。職場は星の数ほどあります

今の職場が合わなくて悩んでる方と言うのは本当に数多くいます。

人間関係や仕事内容が合わなくて学んでいる方もたくさんいます。

しかし、職場と言うのは会社の数だけあります。

そして日本の会社の数は日本政府の統計によると約420万社あります。

さらに、会社の中でもチームや部署に分かれるので、単純に考えても、職場の数というのは軽く1000万以上を超えます。

 1000万以上も職場があれば、最低でも1つ位は自分の素が出せる職場環境が見つかるはずです。

このように考えると今いる職場が合わなくて悩んでいることって、意外とすぐに解決できると思いませんか。

合わない職場から早く抜け出すためにも、まずは小さな1歩として転職先求人の情報収集をすることから始めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です