会社が遠いから行きたくない方に通勤時間を約4時間減らした方法を解説

会社が遠いと、たとえ自分の中では会社自体は嫌ではなくても、会社に行くのが憂鬱になってしまいます。

そして、そのせいで会社自体を憂鬱に感じてしまいます。

実際に僕は以前まで通勤時間が往復4時間でうつのような気分になることが多かったですが、今では通勤10分になったのでうつっぽくなることがほとんどありません。

このように、通勤時間を短くすることで、日々の幸福度が上がります。

今回は会社が遠くて行きたくないと感じている人に向けて、通勤時間を短くする方法を紹介します。

僕は会社が遠くて行きたくなかったので、通勤時間を往復4時間⇒10分にしました

りく
僕は以前まで片道2時間往復4時間の通勤を週5で繰り返していました。
  • 自宅から駅までが自転車で20分
  • 自宅最寄り駅から会社最寄り駅まで1時間20分
  • 会社最寄駅から会社まで徒歩20分

このように、片道だけで合計2時間ほどかかっていました。

もちろん明日なので時間だけでなく、ずっと立ちっぱなしだったり、満員電車でもみくちゃにされたいとその他の弊害もかなり多かったです。

さすがにこれは毎日続けてられないと思い、会社近くで賃貸を借りて一人暮らしをしました。

すると、一人暮らしの家から会社まで徒歩10分ほどで行けるので、約3時間50分も時間の短縮に成功することができました。

 4時間の電車から徒歩10分に変えたことで、立ち時間が減ったり、満員電車でもみくちゃにされたりすることがなくなったので、精神的にかなりかなり楽になりました。

なので今は会社が遠くて会社に行きたくないと悩んでいる方は、まずは会社近くに住むことが1番の解決法だと感じてます。

通勤時間を短くする方法

①会社の近くに賃貸引っ越す

これが1番の解決策です。

よくお金を貯めたいから会社から遠くなっても治宅から通うようにしているという方がいますが、

十分に一人暮らしができるほどの額がたまっているのであれば今すぐ引っ越すべきです!

毎日我慢しながら自宅通いでお金を貯めるメリットよりも、多少お金がなくなって毎日がストレスなく通勤できるメリットの方が大きいです。

またそれが仕事に影響してしまえば、長い目で見ると、自宅通いで貯めたお金の額以上に損をしてしまうことになります。

深夜0時まで不動産のプロに無料で相談ができる「家AGENT+」のイエプラなどを使えば、今は不動産屋さんに行かずとも、LINEでチャットするかのように賃貸物件について調べることができます。

返事も24時まではすぐに帰ってくるので、会社帰りの電車で気軽に問い合わせをすることができます。

いきなり引っ越すと言うとハードルが高いので、まずはイエプラに登録して、会社周辺にどんな賃貸があるか調べてみることから始めてみましょう。

▼会社周辺の物件をチャットで聞いてみる▼

②自宅から近い会社に転職する

今の職場近くの賃貸に住むのが難しいのであればいっそのこと、今通っている自宅から近い会社に転職するというのも1つの手です。

こうすれば、今住んでいる環境を変えずに、お金を貯めながらも通勤時間を減らすことが可能になります。

しかし、いきなり転職するというと難しいので、まずは自分がどれだけ市場価値があるかを知ってから転職にのぞむと、今後の転職活動が優位に進みます。

自分の市場価値を知るにはMIIDAS(ミイダス)という転職サイトがお勧めです。

  • 200万人の年収データと転職実績に基づくので、自分と同じ経歴の人の転職状況がわかる
  • 企業の採用基準は時期によって変わるが、受かりやすい時期を狙ってお知らせしてくれる
  • 面接確約オファーが来るので書類選考なしで選考に進める

MIIDAS(ミイダス)の特徴はこのようになります。

MIIDAS(ミイダス)を使えば、今の自宅の職場近くに転職するにも、まずはこのような自己診断サービスから自分に見合った企業からアプローチして、その中で自宅から1番近い会社を選ぶと効率よく転職活動することができます。

▼無料で自分の市場価値を計ってみる▼

会社が遠いから行きたくないという人はかなり多い

このように、会社の懇親会や飲み会の会場が遠くて会社に行きたくなくなるパターンも多いです。

懇親会飲み会だも、帰りが遅くなる前に帰りの電車も混んでいるので、帰宅するだけで余計に体が疲れてしまいます。

おまけに、帰宅するのが遅いので睡眠時間も取れず、次の日も眠くなると悪循環になってしまいます。

交通の便によっては、通勤では、徒歩の時間が長くなることもあります。

まだ駅から会社が近いと電車内の立っている時間だけで済みますが、駅から会社が遠くなると、電車内の立ち時間だけでなく、歩く時間も増えます。

そうなってしまうと余計疲れてしまうため、会社に行くのが嫌に感じてしまいますね。

このツイートからわかるとおり、会社が遠くて行きたくなるというのは、もはや誰でも思うことですね。

今回の記事を読んでいる方の心情をドンピシャで当てたようなツイートです。

仕事や人間関係に不満はないが、会社が遠いだけで、ただそれだけで会社に行きたくなくなるという人がかなり多いです。

しかも、最初は仕事や人間関係に不満はなかったはずなのに、

遠いから会社に行きたくなくなるという気持ちがだんだんと仕事内容や人間関係に向けられ、しまいには仕事や人間関係にまでも嫌になってきます。

会社ではいろんな飲み会が開催されますが、その度に帰りが遅くなったり、その上、お金も減ってしまいます。

楽しめない飲み会なのにお金も減ってしまい、しまいには帰りが遅くなるという悪循環が会社に行きたくなくなる気持ちを増幅させます。

会社が遠いから行きたくなくなってしまう理由

りく
会社の仕事や人間関係に悩んでいるわけではなくても、会社が遠いとそれだけで会社に行きたくなくなってしまいます。また、それが続くと、今度は会社の仕事や人間関係に嫌悪を感じてしまうようになりますね。

①満員電車で疲れてしまう

  • 人の圧迫感
  • 混み合ってる蒸し暑さ
  • 閉塞感

満員電車ではこのような病院の声で、満員電車で疲れてしまう人が多くいます。

通勤の辛さはその時間の長さよりも電車内環境にあるといえます。

②立ち時間が多い

朝の電車と座れないことがほとんどなので、必然的に立っている時間が多くなります。

達時間が長いと足に負担が大きくかかるので、足が疲れてしまい体力が大きく消耗してしまいます。

仕事始めがそのような状態だと1日中、活力が入らなくなり、気分がだんだんと鬱になってしまいます。

③好きなことをする時間が無くなってしまう

好きなことをしてリラックスする時間がないと、いつまでも緊張感が続く状態になってしまいます。

その状態が続くと気持ちがだんだん暗くなったり、体調崩しがちになります。

しかし、仕事が忙しくて疲れてしまうのでなかなかその時間も取れないと言う悪循環が電車通勤をさらに嫌にさせます。

会社が遠いから行きたくない状態を放置してはいけない

①うつになってしまうから

鬱病にかかってしまうと、何をするにもやる気が起きない状態になってしまいます。

また何もやる気が起きないだけでなく、体が衰弱しきったりと様々な危険性を伴います。

会社が遠くてかなりストレスに関するのであれば、何かしらの方法で一刻も早くその状態から抜け出すことが大切です。

②体調を崩しがちになってしまうから

通勤電車が長いとストレスが体に常に負荷をかけている状態なので、体調を崩しやすくなってしまいます。

体調崩してしまうと、日々の活力がなくなったり、働けなくなったりと、収入源にも大きく関わってしまいます。

このような状態になってしまうと立ち直すのが大変になってしまうので、一刻も早く会社の近くに引っ越したり、自宅近くの会社に転職するなど対策を練りましょう。

③日々を楽しく過ごすことができないから

人生の目的は楽しんで過ごすことといっても過言ではありません。

どんなにお金を稼いでいても、どんなにすごい仕事をしていても、日々を楽しく過ごすことができなければ、心のモヤモヤを晴らすことができません。

逆に言うと、会社が遠いのが今のモヤモヤの原因だとすれば、通勤時間を減らすことでそのモヤモヤを取り消すことができ、毎日を楽しく過ごせるはずです。

まとめ:通勤時間を減らさないと、体を壊してしまうので、まずは会社の周りの賃貸を見てみることから始めたい

ストレスは実に見えない上に無意識に感じてしまうことが多いので、気づいたらうつ病や体調崩すなど重症になっていることがよくあります。

特に、通勤などを毎日少しずつ繰り返すことでストレスに対する耐性が鈍感になりがちです。

手遅れにならないためにも、まだ動ける今のうちから何かしらの対策を打ったほうがいいです。

例えばいきなり引っ越しをする、転職をするという風には考えず、まずはどちらも小さな1歩から始めてみましょう。

会社の近くに引っ越すのであれば、深夜0時まで不動産のプロに無料で相談ができる引っ越しチャットサービス「イエプラ」で会社の周辺にどんな物件があるか見てみたり、

転職をするために、まずは自分の市場価値をMIIDAS(ミイダス)でチェックして自分の立ち位置を把握しておく。

まずはこのような小さな1歩で日々の通勤時間を減らすことを積み重ねましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です