夜バイトする人は1年間で2か月以上の時間を無駄にしてる

夜バイトがあるせいで、次の日昼まで寝てしまうので生活リズムが崩れてしまいます・・
友達と遊ぶ予定があっても夜にバイトがあるせいで泣く泣く断ることが多いです・・
夜にバイトがあるとバイトまでの時間が憂鬱です。
りく
え、それ全部朝バイトで解決できちゃいますよ!

どーも、クーです。

 

ぼくは今大学4年生ですが、アルバイトもしています。

物販の収入もあるのですが、バイトがある事で1日の物販に使える時間をあえて短くすることで

物販に使う時間が集中しやすくなるんです^^

 

ぼくの場合ですが1日空いていてその時間を物販に当てようとすると

どうしてもダレてしまうんですよね( ;∀;)(笑)

でもアルバイトでいい意味で時間をつかえばそのあとの作業時間が集中できます。

おまけに給与ももらえてラッキーみたいな。(笑)

 

まあ、そんな感覚でぼくはバイトをしています。

 

 

 

さて、そろそろ本題に入ります。

 

ぼくが夜バイトではなく朝バイトを推す3つの理由

 

 

 

ここにも書いた通りですが、改めてまとめると

 

 

1.1日使える時間が圧倒的に増える

2.急な予定に対応できる

3.早起きの習慣がついて規則正しい生活リズムになる

 

 

 

では一つずつ説明していきますね。

 

 

1.1日使える時間が圧倒的に増える

 

これは単純に、朝早く起きればその分だけ1日の時間が増えるという事です。

 

例えば、AさんとBさんの例で比べてみましょう。

 

 

  • Aさん: いつも昼過ぎ(12時)に起きる人で夜のバイトは18時から22時まで。そして24時に寝る。
  • Bさん: いつも6時に起きて7時から11時まで朝バイトする。そして24時に寝る。

 

この二人の自由に使える時間を数字で出してみると

 

  • Aさん: 8時間(12時から18時の間、22時から24時の間)
  • Bさん: 13時間(11時から24時の間。※6~7時は朝の支度の為割愛)

 

 

なんと5時間もの差が生まれているのです。

1日5時間の差があれば、1年間で76日分もの差が生まれます!!!

 

76日ですよ??約2か月分!!!

 

もちろん上記の生活をいつも繰り返すわけではありません。

いつも遅く起きる人が用事で朝早く起きる事があるでしょう。

 

しかし、それでも朝バイトする人と夜バイトする人の自由な時間の差はとてつもないです!

 

 

しかもよく見て、この二人を比べると

働く時間は同じ(つまり給与は同じ)なのに自由に使える時間の圧倒的多さ!!!

 

朝バイトがこれだけでもかなり有利な事が分かりますね(*^-^*)

 

 

2.急な予定に対応できる

 

 

たまにこんな経験ありませんか??

 

  • 夜に友達に飲み会誘われたけどバイトでいけない。
  • 友達と昼から夜まで遊ぶはずだったがバイトが夜にあるので途中で抜けてしまう。

 

こんなシチュエーション、大学生であれば泣くほど経験がありますよね!?

本当は行きたいのにでもバイトが・・・って人たくさんいると思います。

 

 

でもこれが朝バイトだったら・・・??

 

 

  • 夜に友達に飲み会誘われたけど朝バイトで夜予定無いからいける◎
  • 昼前までにバイト終わるから昼から夜まで1日中遊べる◎

 

 

 

もうあなたは行きたいのに行けないという泣き寝入りをする必要はないのです!

朝バイトをすれば。

 

 

 

3.早起きの習慣がついて規則正しい生活リズムになる

 

 

朝バイトするということは言うまでもなく早起きをしなければいけません。

そのためには前日の夜は早く寝ないといけません。

 

でも夜バイトの人は、明日の朝何もないからゆっくり寝てよーって状況が出来る。

もしくは、明日朝何もないから夜更かししよーなんて状況もできる。

 

だから夜バイトの人は、寝る時間も起きる時間もバラバラになりがち。

これでは規則正しい生活とはお世辞にも言う事は出来ない。

 

でも朝バイトであれば強制的に規則正しくならざるを得ない。

 

・朝食はしっかりとるので1日3食できる

・早寝早起きですっきりする

・バイト終わった後が一日の始まり状態になる。

 

こんないいこと尽くしなのだ!

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか^^?

 

朝バイトのすばらしさが伝わったと思います。

夜バイトもいいですが、朝バイト一度試してみてはどうでしょうか??

 

kuuuuu
個人メディア「りくの準備録」を運営してます。物を販売したり、"大学生が今できる将来への準備"を発信したり、Give&Give企画をする大学4年生です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です